スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プナカチェチュ

さて…過去の写真を振り返って記事を書いてます。
全然、リアルタイムで更新では無いですが、ごかんべんください。

さて、2月29日~3月5日はプナカでドムチェンとチェチュというお祭りがあったので、首都隊員と一緒に行ってきました。


プナカは派遣先のロベサと近い場所で車で20分程度の所です。
朝からタクシーチャーターしてゾンに直行!!
プナカゾン
朝もやが出てしまって写真はちょっと残念な結果に!

ここ、プナカゾンは王族や高僧が冬の間に避寒地として訪れていたことから、ウィンターパレスとも呼ばれています。
今は冷暖房がしっかりしてきてブータン最高宗教指導者のジェケンポと、お世話係りのお坊さんが来るだけになりました。
でも、今でもゾンの後ろに離宮があったり、ロイヤルウエディングで最初のセレモニーが行われたりと、ブータンを代表する建築物のひとつに変わりはありません。
整備も良くされてて中も外も綺麗に整ってます。

プナカチェチュ1
ブータンの昔の戦装束をパチリ。

ブータンでは各ゾン毎で違う時期にチェチュ(パドマサンババを祭った祭典)、ドムチェン(年間行事の祭りのひとつ)、プジャ(何かあったときに行う祈祷)などが催されます。

プナカはチェチュとドムチェンが連続して行われるゾンで、前半3日はブータンとチベットの過去の戦争の物語を踊りやセレモニーで民衆に伝えます。


プナカチェチュ2

その後の3日はチェチュというチベット仏教の開祖であり、悟りを開いた如来として伝わるパドマサンババ僧正(通称グル・リンポチェ)をお祭りする大祭が執り行われます。
ブータンではパドマサンババ僧正はお釈迦様より重要視されていて、ほとんどの寺では本尊として祭られてます。
チェチュでは僧正が人々に伝えた仏教の教えを踊りや儀式で伝えたり、お坊さんが人々へ祝福をしてくれるブータンでは極めで重要な行事です。娯楽が少なかった時代は人々の唯一の楽しみであり、結婚相手を探す出会いの場でもありました。

今は「混んだ場所に子供と行くのは嫌だから、テレビで済ませる」って人も増えています。
うちの同僚はほぼ全員がそう言って、まず会場では会えません。さみしー

とは言っても、まだまだ庶民の人には皆で遊びに来て、踊りが見られる場所として楽しまれてます。
この日のために手織りの絹の民族衣装を着てくる人が居たり!

プナカチェチュ4
味のあるアパ!つい撮っちゃいました。

プナカチェチュ3
ブータンでは携帯の普及率が高いです。同僚はiPoneなどの高い機種持ってて金持ちがおおいなーとも感じます。
ボランティア?…市場で一番安いものが貸し出されてます…たまに笑われる

そんなわけで3日間朝から昼過ぎまでやっているプナカチェチュでした。
でも、チェチュって内容が何処でも大体一緒だし、混んでるし、日差しが強いし、踊りが人ごみでよく見えないしで、1時間ほど居てから友達と一緒に祭りのときだけ出ている屋台で酒飲んでごろごろしちゃっいました。

テーマ : 青年海外協力隊(JOCV)
ジャンル : 福祉・ボランティア

ロイヤルウエディング

久々の更新です。
最近、自分ですら見ていない事が多くなっています。(^^;


今日はブータン第五国王の結婚式が任地近くのプナカゾンで行われました。
プナカゾンはブータン王朝が長年避寒の為に利用していた、歴史のあるゾン(寺と県庁と要塞をかね合わせたもの)です。

それに伴って、仕事場の大学もばたばたしてました。
生徒が奉納のダンスを踊るために練習をしたり、各大臣や次官クラスが大学のゲストハウスに泊まったりと、はたから見ててもスタッフが慌しげに動いている様子がわかりした。

hata.jpg
ゲストハウス=我が家
なので貴賓を迎える用に飾りつけたれた道で出勤してみました♪


「生徒と一緒にゾンに優先入場で入ってもいい?」って聞いてみたら…

OK!!

お陰で同僚のタイボランティアや職場は違うけど任地が近いJOCV、専門家の人と一緒に早朝から入場することが出来ました♪

すごい幸運!!
会場にはトンドル(絹で織られた何十メートル四辺もある宗教画が描かれた旗)が飾られ、ブータンではじめてみた象が鎮座してました。

早く入場できたので、来賓がゾンへ入場するシーンに立ち会えた事から始まり
優先的に見学席に入れてもらえ
しかも、その席の前を第五国王と王妃が通られて、声をかけてくださいました

残念なことに写真はNGって事なので、カメラ持ってかなかったら…
ほとんどのブータン人はこっそり持ってきたり、携帯付属ので思いっきり記念撮影してました。
こんなことならもって行けばよかった。

式典が始まるまでは延々と4時間以上待たされたけど、いい経験してきた!


さらにご飯も水も無料配布。
ただ、入場制限もまともに出来ずに会場が大混乱している所にほんの数個ずつゆっくりと運ばれてくる弁当…
もちろん少しずつ配っているお弁当箱に人が殺到して、こぼしたり、ひっくり返したり、取り合いが始まったりしてました。
正直、ものすごく見苦しい光景でした。

結局、4人いる我々は2人だけもらうことが出来ました…
他はもう子供を押しのけて年配者がもぎ取ったり、運んでいるかごに無理やり手を突っ込んで、全部ひっくり返しそうになってたりと…阿鼻叫喚…(==;


食べる気もうせて私と専門家の人はJICAの所長と、在インド日本大使にご挨拶に行ったら…
食事を勧められた!!!!!
いや…こっちのほうが断然良い!!ラッキー!!

その際、所長から各大臣やダショー(一代限りの貴族号みたいなもの)も紹介してもらえました!

更に生徒のダンスも終わり、帰ろうかとしていたところに、再度五大国王が会場全体を周ってご挨拶されました。
その際になんと!!
握手と2分程度の会話を交わすことが出来た!!

今日はすごい経験ばっかりしてちょっと頭がぼーっとしてます。

明日からは首都のティンプーで14~15日、空港の町パロで16~17日と式典があるようです。
首都までは追いかけてみてきます~!!


Ps.ティンプーのチェチュ(年次行事のお祭り)も見てきました。
日差しも強く、人も多くって、遠目では何やっているのか良くわからなかった。(^^;
でも、豪華な民族衣装とか楽しそうにしている家族連れを見ることが出来て、結構楽しかった。
ただ、ダンスはTVで見たほうが良く見えると思いました。

招待ビザ

どうも、ごく最近招待ビザ(スポンサーシップビザ)のルールが変わったみたいで、半年後から3人のゲスト(1年毎)を呼ぶことが出来るようになったようです。

通常は270ドル/日ツアーに参加しないと来られないブータンだけど、このビザがあればツアーなしで来られる!!

そんなわけで、夏休みか冬休みにブータンを訪れたい人がいたら連絡くださいな。(^-^)

ただ、どうしても航空券は高めなので、確認して、予定がある程度確定してから2ヶ月以上前には連絡ください。(^^;

そうしないと平日に外務省行ったり、到着してからの交通許可証を貰う為の準備が出来なくなるので注意!;;>Д<)

テーマ : 青年海外協力隊(JOCV)
ジャンル : 福祉・ボランティア

電圧安定器(スタビ)が壊れた!

電圧安定器に湯沸しポットつないで利用してたんだけど

半年ほど使っているうちにポット使用時によくヒューズ切れる&中の回線が一回電圧の熱っぽいのでハンダが溶けたから、湯沸しポットに電圧安定器使わないようにしてたら…


2週間ほどして何故か急に電圧安定器が壊れた(´・ω・)ー3


同僚は熱を発する機械類はスタビにつないではダメだから、ポットが原因だと思うって

後、一年半の赴任…正直、そこまで電圧が不安定じゃない場所だから、買うかどうか悩んでますorz

送別とパロチェチュ

3月19日はブータンでも最大級のお祭りパロ・チェチュがありました。
丁度、先輩隊員の帰国日でもあったので、見送りがてら噂のトンドルを見に出発!!

金曜日の午後から首都に上がる生徒(年上だけど)の車に乗せてもらって一路首都へ。
とーってものんびりしたおじさんなので、普通2時間半でつくところを3時間半かけて到着。

安全運転だけど途中の景色のいいところでコーヒー飲んで時間が押した。

首都のタクシースタンドで同じ地方に住んでいるE君と合流して、一路空港の町パロへ移動。

パロには来学期から同じ学校に勤める予定のタイボランティアの人が住んでいるので、その人の家に泊めてもらいました!
ご飯もお酒もガンガンでてきた!!

Bさん、歓迎してくれてありがとう。
美味しいタイ料理でした♪

でも、疲れてた&みんなの体力(若さ?)についていけずに途中でこっそり抜けた。
授業でへとへとだったので…


翌日は朝4時起床。
酔いつぶれ組みが起きてこなくて、たたき起こしつつタクシーの運転手に待っててもらう。

5時半にパロゾンに到着。
かなりの人手!!
DSC_0091.jpg



トンドルも無事にみれたし、並んで触れたし(おでこでちょんと突く)、近隣のJICA隊員&在ブータン邦人が勢ぞろいに近い位おりました。

DSC_0054.jpg  DSC_0057.jpg


その後はBさん宅に一旦戻り、荷物をとって空港へ徒歩で移動。

タクシー代だけでもって渡そうとしたけど、「いいからいいから」って受け取らなかったBさん。
こちらに赴任してきた時の、歓迎会でお返ししないと!!


空港内は徒歩じゃ入れないって事で、空港警備員さんとE君が客を迎えにいく車と交渉してくれた。

送迎も無事完了!
無事に任期を終えて帰られるのをうらやましく思いつつ、ちょっと寂しいお別れでした。

最後は横断幕を持って、離陸時に見えるような場所で手を振ったけど、ちゃんと機内から見れたかな?
DSC_0165.jpg
TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。