スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部を周って徐々に北上中

ラオス南部の旅もだいぶ進んできました。
パクセから世界遺産のひとつワット・プーとその最寄の町チャンパサックを経て、ラオス最南端部にある4000島の一つデット島を観光してきました♪

パクセからチャンパサックまではローカルの乗り合いソンテウとボートを利用しました。
①市場の端っこにある南バスターミナルまで1万KIPでトゥクトゥクで移動し、その場でパクセ行きのソンテウをドライバーに探してもらう。
②パクセー行きソンテウで2時間弱の道のりを2万KIPで移動。
③船着場で1万5千KIP払って、対岸のチャンパサックの村へ。
④対岸の船着場で宿の客引きに出会うが、調べていたのと同じくらいの値段の安宿なので無料で宿まで送ってもらう。約10分。

宿は結構たくさんあり、どこもそんなに施設的にはかわら無そうでした。
泊まったところは名刺もらってきたんで、後で宿情報に載せておきます~
一晩ダブルで3万KIP(ファン、水シャワー、トイレ付)なんで、結構安くていい宿でした♪
入り口は「えーこんなに汚いところなの」って位汚かったのに、中の部屋はすごく綺麗だった。


ワット・プーはその宿のレンタルサイクルを1万KIPで借りていってきました。
出発した時間が11時くらいと少し遅めのせいで…すごく暑くてつらかった(ノд`)゜`´
片道一時間弱かけての道のり。
もー一本道で周りは雑木林と水田ばかりで、「大丈夫かな(`・д・´;」ってどきどきしながら移動しました。

ワット・プーって言うのはクメール族(現カンボジアの主民族)がアンコールワットを作る前に建てた、アンコールワットと同じクメール形式で建てられたお寺です。
もともとはヒンドゥー教だったのが後に流行した仏教に寄って立て替えられたらしく、リンガ(シバの男根を象ったもの)や、ヴィシュヌ、ガネーシャなどの彫像と並んで、お釈迦様がでーんと祭られてました。
アンコールワットより古い上に、カンボジアより保護が遅れたのでほぼ廃墟に近い状態になってました。(´・ω・`)
現在は日本の支援による博物館(保管施設もありそう)とイタリアだったかの支援で遺跡の保護が行われている様です。

でも、見所が無いかというとそんなことは無かった!!
確かにぼろぼろなんだけど、リンガが並ぶ参道を通り、木が絡みついて何とか原形をとどめている建物の横を抜け、階段を登っていくとさまざまな仏像やおそらくガネーシャが掘り込まれていたであろう巨石などがあってなかなか見ごたえがありました♪
一つの遺跡としては結構なサイズでしたわ~
アンコールワット遺跡群に比べるとそんなに大きくない一つだけの遺跡なんで、あんまり期待すると小さくてがっかりするかも
あそこは何世代もかけて作った、遺跡が大量にあったから…(^^;


その後はカンボジアとの国境近い4000島(シーパン・アイランド)のデェット島へ。
①船で対岸まで渡った後、再び国道をソンテウで南下。
  2時間強で5万KIP。
②船でどこに島に行きたいか告げると、島を周遊しながらおろしてくれる。
  デェット島は1.5万KIP、コーン島は2万KIPだった。

ここは特に目的も無く…いや、あんまりにも何も無いって話なんで来て見ました。(>w<)ノ
話によると乾季なら淡水イルカが見られるそうだけど…
何か今の時期なのにものすごい雨が夜に降るし、イルカの背びれしか見られないらしいんであきらめましたわ~
値段も10万~20万KIPくらいはしたんで、そこまでして見なくてもいいかなーって思って。

島は一部観光地化されていたけど…

電気は夜の6時過ぎないと無いし8~10時には止まるわ
  (自家発電なんでオーナーの経営方針次第)
水道施設が無いんで食事も、シャワーも、食器洗いも全て目の前のメコン川の水だわ
  (そばで牛が泳いでいたりします)

となかなかサバイバルな気分を味わえました。(´ω`;
2日泊したけど最後のほうはあきらめてなれちゃいましたw

もー他には本当に何も無いし、島の中の物価も結構高い(外から輸送してくるから)から1日目は何もしないでただハンモックに乗っかって日がな一日ぼーっとしてました。
2日目はためしに自転車を借りて周ってみたけど、雑木林と水田とたまに出会う村やつり橋だけで…それが結構面白かった。(*´A`*)
現地の人たちも観光的にすれてなく、皆ニコニコと「サバイディー(こんにちは)」と手を振ってくれました♪
ただ、つり橋とか結構ぼろぼろの木造で、物によっては橋げただけってのもありましたわ~
橋げただけで手すりもなく、自転車を引きつつ…すごいスリリングだった♪w

そして、デェット島ではローカルバスを乗り継ぐ様に旅行会社にお願いして14万KIP、約8時間の旅を経てラオスの中部近いサワンナケートの町まで到着したわけです。

サワンナケートはラオスの第2の経済都市との事で、観光名所はまったく無いけどタイ~ラオス~ベトナムを陸路(橋含む)で結ぶ国際道路の中間地点と結構重要な場所らしいです。
今までの所に比べれば確かに都会だ!!
電気も安定してるし、インターネットもはやーくてやすーい♪(´ω`*

Ps.
先月の祖母に続いて、実家の愛犬ロンが他界しました。(ノдT)
祖母もちょうど帰国して元気そうな姿を見た直後で葬儀にも出られたし、ロンも弱っている姿を見て頭をなでてきてあげた直後だったので、二人とも帰ってきて会えるまで待っていてくれたような気がします。
まぁ、祖母は96歳だしロンも16歳だったんで、どちらも寿命的には大往生でしょう!!
さみしのぉ(ノД`゜)`´゜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。