スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクセ

ラオスの南部の主要都市パクセっていうところに来ました!!
状態としては…うーん…
タイの片田舎って感じですな。(w
街そのものはのんびりしている以外、そんなに見所がなかったですわー


さて、ウボンから陸路でパクセまで来たのですが、それが結構めんどくさかった。(´A`;

9時半と15時半にウボンの北にあるバスターミナルからパクセ直行の国際バスが200Bで出ているのですが、時間を確認せずにバスターミナルに行ったので付いたのが9時50分…
チケット売り場のお姉さんに(´・ω・`)って顔をされて、「15時半まで待っていたら、次のに乗れます」って言われちゃいました。

仕方なく、地球の歩き方「東南アジア」(バンコクにて古本で入手)を参考に、地元の人が利用するローカルバス乗り継ぎの旅にしました。

まずは、国境までの直行バスは無いので、一番近い街までのローカルバスへ。
22番乗り場に止まっていたピブン・マサハーン行きバスは、冷房なし、天井にファン付きの少しがたがたするものでした。
…うーん…すごくアジアンチックなバス…(´A`*
お値段は40B。
1時間半弱のかなり良い道を走る、のんびりとした所でした。
外国人が珍しいのか、皆にこにことしながらこちらを伺ってましたわ~

ピブン・マサハーンのバスステーションについたら、次は乗り合いソンテウ(軽トラックに座席と屋根をつけたもの)でタイ側の国境チョーン・メックまで移動!
こちらも大体1時間くらいで40Bでした。
当然、エアコンなんてなしの自然風!!
まーでも、天気も良いし、風も順調に入ってくるしで結構快適♪

チョーン・メックではバス停から1km位離れている国境へ。
場所が良くわからなかったので、近くに居たバイタクに10Bでつれてってもらいましたw
タイの国境は特に問題なくあっさり終了。

そのまま、徒歩で500m位離れたラオスの国境へ。
こちらは土日料金がかかって、10000kipか70B、1.5ドルのどれかを払わないといけませんでしたorz
70B払って入境!!
ふー通りで昼間なのに誰も国を越えてこないなーって思った。(ノдT)
まぁ、それ以外は特に問題も無く、日本人だからかすんなりと通してくれました。

困ったのはここでのバイタク&タクシー!!
パクセまでバイタクだと300B、タクシーだと500Bだって!!!
あほかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(`皿´)ノ
国際バスの料金はるかに越えているぞ!!
値段も引かないし…呆れ返って無視して去りましたw

地元の人が国境近くで市場開いているし、そんなに高いのに地元の人が乗るわけないしと思って、近くの食堂で昼飯を食べつつバス停の位置を聞きましたわー
結局、国境から1km位道沿いに歩いたところに乗り合いソンテウがあったんで乗車。
…したんですがな…運悪く人がなかなか集まらずに1時間そこで待つことに…(´・ω・`)
やっとこさ人が集まったと思ったら、荷物やら追加の人がごちゃっと一気に来て、屋根には荷物が山積み、中にも人があふれんばかりに、運転主席と助手席の間に2人も座っているし、それでも乗り切れなかった人が無理やり外にしがみついてました(^^;
ずいぶんのんびりと移動したので、2時間弱かかってパクセにやっとこさ到着~

すごい疲れた(´A`;;

パクセのバスターミナルからはトックトックで10000KIPで川に近いサイバイディー2ゲストハウスって所に行きました。
うん、結構綺麗♪w
ただ、ちーと店員が無愛想(´A`;
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。