スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地雷博物館

さて、今日は北部の比較的遠くの遺跡と途中にある地雷博物館に行って来ました。
こちらの遺跡も規模こそ他に比べて小さめだけど、彫刻は美しくまた保存状態も良くて見ごたえがありました。

でも!!今回の主役は地雷博物館!!

アキラの地雷博物館 http://peace.s9.xrea.com/

詳しくは上のURLのサイトを見てくださいな。
ポルポト少年兵として強制的に働かされ、その際に埋めた地雷を現在何とか取り除こうと働かれているカンボジア人のアキ・ラーさん(通称アキラさん)が個人で開かれている博物館です。
現在は地雷の除去をしつつ、地雷犠牲者の子供の教育を行うなどされているそうです。
この人はポルポト派に5歳の時に両親を処刑されたり、ポルポト兵、ベトナム兵、カンボジア国軍兵として強制的に働かされたという経歴を持つ方で、その際行った事の償いとして今活動されているそうです。

博物館そのものはシンプルで、解体処理された地雷やら不発弾、犠牲者の写真、子供たちが書いたと思われる絵が展示されていました。
以前、日本人ボランティアが居たようで、日本語で書かれた解説文章とか日本人ボランティア募集と書かれた紙ば張られていました。
内容はシンプルでも実際に言ってみてみると、かなり衝撃を受けます。

組織的に作られた博物館に比べると見ごたえがあるとはいえませんが、実際行っている活動と連携していることもあり衝撃が大きいものだでした。
中の売店では日本語で書かれた自叙伝や子供たちが書いた文書が書かれた「アキラと地雷とこどもたち」、アキラさんの人生を衝撃を受けた漫画家の深谷陽さんが描きビジネスジャンプで連載された「密林少年」が売られていました。
その売店で購入すると一部(漫画は全額)が博物館と子供たちの教育費に使われると言うことでしたので、漫画2冊10ドルで購入してきました。
なかなか考えさせられる内容です。
「アキラと~」はちょっと確認し損ねたのですが、「密林少年」はその売り上げの一部をカンボジア地雷の対策の為に使われるそうです。
興味のある人は「新品」を買いましょう!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
あ、もしこのブログを直接見ている人が居たら下記のURLから見てくださいな♪
そちらのほうで今までのルートとか宿の情報とか紹介しています。
yasuの寝ぼけた旅日記 http://yasukunryu.web.fc2.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ついでにブログランキングはじめてみました。
まー気が向いたらポチリと…いや、見たら押してくださいな♪
FC2 Blog Ranking
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。