スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食の都!広州!!

計画を変更して、食の都こと広州に来ています。
食は広州にありって謳われるものすごい古い歴史をもつ都市ですが.....
今の所、激烈な雨に当たってしまって街の散策ができておりません。(つ-T)

色々考えてみたのですが、ノービザ滞在期限が2週間と短い為今週末には他国に出るか、ノービザでビザ延長を試みなくてはなりません。
(通常はノービザで延長はできないけど、地方に行くとできる可能性があるらしい。そこら辺のいい加減さが中国w)
なので、香港と中国のビザが別物っていうのを利用して、3日位香港見学して見ようかなっと移動してきたわけです。

広州から香港は列車またはバスで約1時間半。
マカオと並んで、出国手続きが必要という中国の中の異国です。

しかし、どこに行っても中国の発展におどろかされます 。
今はネット屋からアクセスしているのですが、ここも安い旧機体のPCでAthlom64 3000+ 1GB WinXP SP2ちゅーそれなりの性能!
これで1時間48円ほどと格安なのです!
難点はセキュリティがきっちりしていて、外国人はパスポート提示の上デポージットが徴収される事と、PCの設定が変更できないため日本語入力が直接できないことですな。

また、デパートではTシャツ1枚3000〜5000円、小型の魔法瓶が6000円位する輸入品が普通にぽんっと売っていたり、それを購入している中級階級層がいたりします。
街を歩いていても高級料理店やバー、クラブはそこそこの都市なら必ずあるし、町中で買う酒の10〜15倍の値段がするにもかかわらず人足が絶えていませんでした。

下手な日本人より、そこそこの階級以上の中国人の方が貯金がありそうです。(^^;
国内の旅行ブームと言うこともあって、そこら中で中国人観光客をみかけるし、信じられないほど高い石(中国のお守り)を土産物屋でがんがん買いまくっている人もいます。

香港やマカオなどは現在は中国人観光客の落としてゆく金で持っているという人もいます。
それに対して日本は家電が安いから行ってみたいって言われているようですが、ビザを取るのに収入証明書やら貯金残高証明、さらにデポージットを徴収するという外国人観光客を弾くために必至になっているのが現場です。

多分というより確実にこのまんまだと、5〜10年後には経済で中国に追い越されちゃうだろうなって感じました。

まぁ、中国の難点は大きすぎて人民をコントロールできていない事でしょうなぁ。
逆にそこら中に貧しい人は溢れているけど、何の手当もなしっていう事も普通のようです 。
少数民族のバースコントロールをして減らしてゆき、後で韓民族の街を作るっていう計画もあるという話も聞いたことがあります。
本当かどうかは分からないけど少数民族への対応が良くないのは事実のようです。

ちなみに反日感情は都市圏を旅行する分には感じませんでした。
逆に[日本人か!よく来た!!]って店の人やそこらに座って食べていた人が笑いながら手招きしてくれたり、バスの服務員席をゆずってもらったりしています。

ただ、英語はみなさん壊滅的です。
中級ホテルでもまず通じません(^^;
外国人が多い大都市圏のユースなら通じるかもってレベルです。
片言で良いので中国語が話せるように、旅の事典があると便利ですな。
ちなみに、その事典も北京語を中心とした[中国標準語]なので、地方に行くと通じるか怪しくなるようです(^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。