スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレッキングとブータン人の結婚観

急遽、今週の木曜日の4月26日から10日間のトレッキングに行くことにしました!!
ブータンのトレックコースでも標高が高い&比較的眺めのジョモラリトレッキングコースです。
その為に、学校には2週間の休みを貰い、現在は首都で健康診断やら説明会、多少の高度順応をしています。

昨日、無事に追加でうけないといけない心電図チェックも終わりました。

ブータンに来てから初めてのトレッキングなので、とても楽しみです。



さて、先週とても残念なことが起こりました。
我が家に遊びに来ていた女性ゲストの寝室へ、ブータン人の元同僚が侵入しベットにもぐりこもうとしてたたき出されたのです。
用意周到なことに私の寝室の鍵を外からかけ、邪魔されないようにしていました。

更に次の日に彼は私の携帯を無許可でいじり、彼女の携帯番号を盗み出そうとしました。
その為、学長や他の同僚が居る前で怒鳴りつけなくてはならくなり、その礼儀のなさを非難しましたが…

しばらくはへらへら笑い、話をまともに聞こうとしません。
仕方ないので、警察と省庁に報告することを伝えると、「そーりーそーりー」とだけ言って来ます。

その上、最終的には「そんな女は知らない!」「昨日はお前の家に無断で侵入なんてして無い」「もともと職場が変わっていて、今日ここについたのに無理だろ」「携帯を昨日なくしたからその番号ではない」と全てを否定しようとします。
しかし、こちらの手元には彼から送られてきた「○○(女性の名前)の携帯番号を教えて欲しい。」と言う内容のメールと、侵入する寸前に何度もかけてきた着信記録が残っています。

彼は既婚者ですが、浮気相手として都合の良い外国人と知り合いたかったそうです。昔からそう言っていました。
断ってもしつこく「日本人とやりたいから紹介しろ」と仕事最中に言ってくる最低な人です。

残念なことにブータン人は夜這いなどの性的に奔放な文化が残っています。
男女共に家を出れば既婚者であっても、未婚であると普通に答えます。
恋人は各地域毎に作っても良いという考え方も、男女共にさほど珍しくありません。

また、他にも都合の良いい浮気相手と迫られて、嫌な思いをしたというケースを何件か聞いています。

ほとんどの人はこのような失礼なことはしませんが、何も知らない旅行者を食い物にしている人が少なからずいる事実です。
訪れる際にはお気をつけ下さい。
ブータン女性ですら男性の未婚という、自己、友人、兄弟姉妹による申告は信用しません。
スポンサーサイト

テーマ : 青年海外協力隊(JOCV)
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。