スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パロ芸術祭とパロチェチュ

さて…過去の写真を振り返って記事を書いてます。
全然、リアルタイムで更新では無いですが、ごかんべんください。

さてさて、またまたチェチュです!!
今度はブータンで唯一国際空港がある街パロのチェチュ。
それとブータンで美術カリキュラムをつっている隊員Kさんが主催した、パロ芸術祭を訪れました。

パロは首都ティンプーから西へ60kmほどいった所にある、首都近くでまともに平らな場所が取れたために空港が作られた街です。
その為、観光客や観光客向けの設備が多く、ブータンでは首都と並んで発展した街でもあります。

まずは芸術祭で日本文化を伝えるイベントをやるという事で、仕事を早めに終わらせて片道3時間半かけてパロを訪れます。
途中でがけ崩れのためにロードブロックあって、いつもの1.5倍かかって疲れたーーー

会場は街中のレストラン。
看板は出ていたのですがビルの3階ということも会って、中々見つかりませんでした。

DSC_0169.jpg
茶道の実践。ブータン人には苦すぎるようで、奥の坊さんがちょっと変な表情なってます。

DSC_0178.jpg
DSC_0177.jpg
通常、ブータン芸術は宗教画の模倣を重要視していて、様式が細かく規定されています。今回はその枠を取り除いて、自由に描いてもらいブータンに創造する芸術を育てる第一歩になった事と思います。
また、それぞれ即売会として値段が書かれているのですが…高すぎました。

DSC_0185.jpg
こちらはマダム・ポーことボランティアEさんの作品。ブータン伝統のポー(木彫りの男根型お守り)にペインティングしたもの。
周りにもうけているし、中々綺麗でお土産にしてもよさそうって思えるクオリティでした。
帰る前に発注したいってご本人に伝えちゃいました。

その後は日本の風景の紹介、隊員によるダンス披露などをイベントを終えて、夕食&飲み会で終了。

夜はタイのボランティア友達の家に泊めてもらい、早朝のみ開帳されるトンドルという宗教画が描かれた巨大な旗を見に行きます。

…と、思っていたのですが朝4時に起きてすぐに、雷を伴い大雨が…

様子を見ててもやむ様子が無いし、会場に行っていた他のメンバーに電話してみたらかなり凄い状況らしいので、あきらめて7時過ぎまで待つことにしました。

幸いにも7時過ぎには小雨になって出発!!

DSC_02211.jpg
DSC_0225.jpg
無事に今年もグルリンポチェのお姿を拝見できました。
ただ、さすがに大雨の後、汚しちゃいけないトンドルは雨でぬれてて、お坊さんたちが一生懸命手でたくし上げて泥が飛ばないようにしています。

DSC_0223.jpg
普段は寺で傘をささないブータン人も、流石に傘を利用しています。

まだ、雨も時折ぱらつくし、チェチュの踊りは正直見飽きているので、早々に引き上げて今回は終了です。
その後は芸術祭会場に移動して、レストランでビール飲んでました。
スポンサーサイト

テーマ : 青年海外協力隊(JOCV)
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。