スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルウエディング

久々の更新です。
最近、自分ですら見ていない事が多くなっています。(^^;


今日はブータン第五国王の結婚式が任地近くのプナカゾンで行われました。
プナカゾンはブータン王朝が長年避寒の為に利用していた、歴史のあるゾン(寺と県庁と要塞をかね合わせたもの)です。

それに伴って、仕事場の大学もばたばたしてました。
生徒が奉納のダンスを踊るために練習をしたり、各大臣や次官クラスが大学のゲストハウスに泊まったりと、はたから見ててもスタッフが慌しげに動いている様子がわかりした。

hata.jpg
ゲストハウス=我が家
なので貴賓を迎える用に飾りつけたれた道で出勤してみました♪


「生徒と一緒にゾンに優先入場で入ってもいい?」って聞いてみたら…

OK!!

お陰で同僚のタイボランティアや職場は違うけど任地が近いJOCV、専門家の人と一緒に早朝から入場することが出来ました♪

すごい幸運!!
会場にはトンドル(絹で織られた何十メートル四辺もある宗教画が描かれた旗)が飾られ、ブータンではじめてみた象が鎮座してました。

早く入場できたので、来賓がゾンへ入場するシーンに立ち会えた事から始まり
優先的に見学席に入れてもらえ
しかも、その席の前を第五国王と王妃が通られて、声をかけてくださいました

残念なことに写真はNGって事なので、カメラ持ってかなかったら…
ほとんどのブータン人はこっそり持ってきたり、携帯付属ので思いっきり記念撮影してました。
こんなことならもって行けばよかった。

式典が始まるまでは延々と4時間以上待たされたけど、いい経験してきた!


さらにご飯も水も無料配布。
ただ、入場制限もまともに出来ずに会場が大混乱している所にほんの数個ずつゆっくりと運ばれてくる弁当…
もちろん少しずつ配っているお弁当箱に人が殺到して、こぼしたり、ひっくり返したり、取り合いが始まったりしてました。
正直、ものすごく見苦しい光景でした。

結局、4人いる我々は2人だけもらうことが出来ました…
他はもう子供を押しのけて年配者がもぎ取ったり、運んでいるかごに無理やり手を突っ込んで、全部ひっくり返しそうになってたりと…阿鼻叫喚…(==;


食べる気もうせて私と専門家の人はJICAの所長と、在インド日本大使にご挨拶に行ったら…
食事を勧められた!!!!!
いや…こっちのほうが断然良い!!ラッキー!!

その際、所長から各大臣やダショー(一代限りの貴族号みたいなもの)も紹介してもらえました!

更に生徒のダンスも終わり、帰ろうかとしていたところに、再度五大国王が会場全体を周ってご挨拶されました。
その際になんと!!
握手と2分程度の会話を交わすことが出来た!!

今日はすごい経験ばっかりしてちょっと頭がぼーっとしてます。

明日からは首都のティンプーで14~15日、空港の町パロで16~17日と式典があるようです。
首都までは追いかけてみてきます~!!


Ps.ティンプーのチェチュ(年次行事のお祭り)も見てきました。
日差しも強く、人も多くって、遠目では何やっているのか良くわからなかった。(^^;
でも、豪華な民族衣装とか楽しそうにしている家族連れを見ることが出来て、結構楽しかった。
ただ、ダンスはTVで見たほうが良く見えると思いました。
スポンサーサイト
TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。