スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送別とパロチェチュ

3月19日はブータンでも最大級のお祭りパロ・チェチュがありました。
丁度、先輩隊員の帰国日でもあったので、見送りがてら噂のトンドルを見に出発!!

金曜日の午後から首都に上がる生徒(年上だけど)の車に乗せてもらって一路首都へ。
とーってものんびりしたおじさんなので、普通2時間半でつくところを3時間半かけて到着。

安全運転だけど途中の景色のいいところでコーヒー飲んで時間が押した。

首都のタクシースタンドで同じ地方に住んでいるE君と合流して、一路空港の町パロへ移動。

パロには来学期から同じ学校に勤める予定のタイボランティアの人が住んでいるので、その人の家に泊めてもらいました!
ご飯もお酒もガンガンでてきた!!

Bさん、歓迎してくれてありがとう。
美味しいタイ料理でした♪

でも、疲れてた&みんなの体力(若さ?)についていけずに途中でこっそり抜けた。
授業でへとへとだったので…


翌日は朝4時起床。
酔いつぶれ組みが起きてこなくて、たたき起こしつつタクシーの運転手に待っててもらう。

5時半にパロゾンに到着。
かなりの人手!!
DSC_0091.jpg



トンドルも無事にみれたし、並んで触れたし(おでこでちょんと突く)、近隣のJICA隊員&在ブータン邦人が勢ぞろいに近い位おりました。

DSC_0054.jpg  DSC_0057.jpg


その後はBさん宅に一旦戻り、荷物をとって空港へ徒歩で移動。

タクシー代だけでもって渡そうとしたけど、「いいからいいから」って受け取らなかったBさん。
こちらに赴任してきた時の、歓迎会でお返ししないと!!


空港内は徒歩じゃ入れないって事で、空港警備員さんとE君が客を迎えにいく車と交渉してくれた。

送迎も無事完了!
無事に任期を終えて帰られるのをうらやましく思いつつ、ちょっと寂しいお別れでした。

最後は横断幕を持って、離陸時に見えるような場所で手を振ったけど、ちゃんと機内から見れたかな?
DSC_0165.jpg
スポンサーサイト

地震

今回の震災の大きさにおののいています。
被害に会われた方の無事をお祈り申し上げます。

幸い、茨城にあります実家は無事でした。
近所の家屋の一部に影響は出たようですが、全壊など深刻な状況にはならないですんだそうです。

地震当日はJICAブータン事務所からの連絡が入り、その後TVで事の深刻さに気がつきました。
実家に電話してもつながらず、夜まで何度も試した後、父方の親戚と連絡がつき、無事が確認できました。

未だ、JICAの本部も関係者の無事、一時帰国ボランティアの安否確認、現ボランティア&派遣予定者の家族の安否確認と被災者家族の緊急帰国を行っているようです。
ブータンのボランティア家族はほぼ無事を確認できたそうですが、東北の実家へ一時帰国中のシニアボランティアの方の安否が確認できてないなどまだまだ不安が払拭できてない状況です。

今週末の土曜日と日曜日に、それぞれブータン第五国王と首相主催の祈祷が行われ、日本人代表としてボランティアが参加してきました。
ブータンの首都に居る要人と各国大使、国連大使が集まり、皆さん宗教を超えて日本の無事を祈ってくださいました。
正直、祈りよりも何か行動をと思いましたが、ブータン政府が金銭的な余裕が無い&同じ仏教徒として直に出来ることをしてくれているのだと感じています。

授業開始

3月1日よりとうとう新学期開始!!
とうとう、授業も担当することになりました。

4.jpg

やっとこさ、始まった活動に緊張しつつ教室に行ってみると…
年上ばかり!!


地方の役所の中間管理職以上の人が、学位号をとりに来ているコースでした。
お陰で、日本人ボランティアと仕事したことある人が多くて、色々フォローしてもらってます。


概ね、日本人のイメージはよくって「語学が苦手で、技術が得意な民族」として、語学のミスはたまに「違うよ」っていわれる程度です。

流石に、選択性授業を態々とりに来た人ばかりなので、授業はしっかり聞いてくれています。


ただ、皆に「質問ありますか~~?」って聞くと、「なーい!」って元気に返ってくるの
ですが…

ミニテストの結果からして、説明した微生物関係がわかってない人が結構居ること判明!!

恐らく、わかっている人が「なーい」って答えて、後は黙っちゃてるのだと思われます。


まぁ、元々が農業担当者が中心で、微生物制御とか二次産業の品質管理とかやったこと無い人ばかりなので、のんびりと基礎的なことを伝えていく予定です。

あ、写真はpHメーターと食品の保存法について説明したときに、試しに測ってもらいました。

皆、初めて使ったらしくて見てて怖い使い方してたけど、研究室を管理しているスタッフの助けを借りて説明してもらいました。

こちらは「くれぐれもサンプルは常温にしてからはかってね」「電極は割れやすいから取り扱い気をつけて」「一回毎に丁寧に洗ってね」と何度も繰り返してました。

まだまだ、緊張してるのと、自分が伝えたいことが上手く伝えられないので、授業を上手く導けてません。

生徒と一緒に成長していかないと!


1.jpg  2.jpg  3.jpg
今月から忙しくって中々ゆっくり日本風食が作れない!!
なので、これは先月のお試しです。
モヤシ作ったり、ひよこ豆で豆腐風の物を作ったり、キムチ作ったりしています。

テーマ : 青年海外協力隊(JOCV)
ジャンル : 福祉・ボランティア

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。