スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早速詐欺師にであった

ルーマニアの首都ブカレストに来ています~


いやーさすがに旧共産圏!!

降りたとたん街中の香りが発展途上国の香りに…(´ω`;;

ガソリンの不完全燃焼の香りとか、ほこりっぽさとかが旅情を誘います

でも、意外とこの雰囲気嫌いじゃなかったりw


さて、いまいち地味なブカレストですが、観光的にも地味っすわー

町そのものはブルガリアの首都ソフィアより活気があって、経済的にもよいほうかなーって感じですが、観光名所になるところが少ない上に、建物のほとんどが凄く古くて灰色の見た目いまいちなものばかりです。

その、少ない観光名所のうち一箇所!国民の館に行ってきました。


米国ペンタゴンの次の、世界第二巨大な建築物とかで確かに巨大!!

更にルーマニアの独裁者として君臨していたチャウシェスク旧大統領が建築を指示したものって事なのですが…

いやー借金大国で国民の生活傾いているときにこれ作っちゃだめっしょーってものでした。

見渡す限りの大理石!金!!クリスタル製のシャンデリア!!!

頭がくらくらするほどの豪華さでした。


そうそう、ブカレストはヨーロッパでも特に危険な地域って聞いていて警戒していたけど、やっぱり色々会いますわ。

駅で荷物も持たずに一箇所に留まって、周りの客をじーっと見ている人。
…いや、確実にスリでしょう。

駅や街中で焦点の合ってない目で怒鳴り散らしていたり、いきなり声をかけてくる人。
シンナー中毒者がものすごい多いそうです。
無視無視。

ほとんど乞食化しているジプシーの集団。
しゃれにならないくらい怖い人も…
でも、大抵は花や編み物を押し売りに近い形で売り歩いている感じですな。
スリのプロはジプシーに多いそうです。


そして…

やっぱり、会いました!!

10年位前にタイではやった!!

「あ、今日はあの施設の開放時間遅れている(もしくは閉まっている)よ」詐欺!!

いやーこれはもう、笑っちゃうくらい遅れた詐欺師でした。


であったのは国民の館側の公園。

写真を撮りながら館見学に移動していると、「ノーフォト!!こんな危険なところで写真とっているとジプシーに殺されるぞ!!」とか叫んで近寄ってくる人がおりました。

yasu「えーここそんなに危険の!?それじゃ、あちらに行こうっと…」
奴「いや!!まて!!そっちはヨーロッパでもっとも危険なところだ!館の近くはだめなんだって!」
とかのたまいます。

yasu「でも、館見たいんだけど」
奴「今日はまだ開いていない。後、2時間後に開くから。それにもっと旅行者に向いていて、日本語ガイドもある公園があるからそちらにいきな。」
…常に開いていて、ブカレストでも数の少ない「金の取れる観光名所」が真昼間に理由も無く閉めているのはおかしい…

奴「それにだ!自分は学生で仕方なくその危険な地域の横に住んでいるんだが、学生用のタクシーを使えば安くてその公園にいけるから教えてやるよ!」
yasu「いや、だから館見たいし…移動するならメトロで行くよ。」
奴「だめだ!!メトロに行くまでの道に沢山ジプシーがいるだろ!!奴らがここらで殺人を犯すから危険なんだ!それに君は同見ても東洋人だから、ジプシーがすぐ側まで寄ってきてたんだぞ!!
それに、その公園の近くにはメトロの駅が無いから、移動が大変だ。」
…学生用タクシーってのも胡散臭いし、学生街がそんな危険な地域にあるのもおかしいし、見渡す限り何も無い公園で近づいてきた来たのはお前だけじゃ…って思いつつ、あからさまにおかしい奴を眺めておりました。

奴「君はルーマニア人が嫌いなのか?さっきから俺を避けているようだが…」
yasu「別に嫌いじゃない。」
奴「俺は君に友人のような親切な気持ちで教えてあげてるんだ。お金の話なんてしてないだろ?金なんて要らないよ、さぁ握手をしよう。」
yasu「…(握手をするが疑いの目を向けてる)」
おかしいです!!絶対、悪人!!!
もー確定!!
公園から早く出そうとせかすし、意味無く人の背中(鍵をつけたかばんをしょっていた)をぽんぽんたたくし…
あからさまに目的まで移動させて、その間に鞄にどんなものが入っているか、そのカモ候補はどんな国籍で、何歳で、どんな目的でルーマニアに来ていて、どこに泊まっているか聞き出そうとしてきます。

yasu「ホテルは駅の近く…観光…日本人…」
奴「…」
奴はあからさまに情報を出さないようにしているのを、残念そうなふりをしていました。

そして奴が公園近くに止まっていたタクシーを捕まえます。
奴「さぁ!こいつは学生タクシーだ!!な?そうだろ?」
運転手「あぁ、そうだ!ロンリープラネットも持っているぞ!」
奴「さぁ!言ってたとおりだろう!!ここの公園だ!」
…あの…公園の端っこに思いっきりメトロの駅ありますが…


ばーか(`・Д・)=3

yasu「お前は信用できないし!!いらん!!!」
って去ってゆきましたところ…
奴「ほら!!奴がお前を殺そうとしているぜ!!」
って叫びながら、先ほどのタクシーに乗った詐欺師の奴が側を通り抜けていきました。
ちょっと驚いたけど、奴の言った先にはフェンスを挟んで反対側にいたジプシーの爺さんがぼーっとしていただけ…

結局、国民の館も開いていたし、国民の館の警備員に会ったこと伝えておいたし、館の周辺も安全だって確認しましたわー

奴の言っていた危険な地域はブカレストでも大きい一大高級ショッピングモール…
えぇ…スリとかって意味なら危険でしょうなぁ…(汗

本当に馬鹿な詐欺師だったなぁ
一回も信用させられてないし…
スポンサーサイト

携帯盗難~

また、やられました…orz

今度は携帯電話!!
盗まれたのはロンドン!!

でも、気がついてすぐ電話を止めたのは良いけど、丁度移動日で更に早朝の便で飛行機による予定だったので警察にいけなかったのです…

仕方ないから、気がついたのはドイツって事にしてドイツ警察のレポートもらって、保険金申請をするよていです~

携帯メールを送ってくれてた方、そんなわけでしばらく連絡取れません。
ごめんなさい(ノДT)

博物館とか色々あったー

イギリスのロンドンを5日間だけ訪れてみましたー!!

いやー今、ちょうどブリティッシュポンドが割安なので、この機会にと思って訪れたのですが…



どこが安いんですか?(´・ω・`)

もー!!!
どこも安くない!!(T皿T)

今の1ポンドが150円切っている状態で、やっとこさ日本と同じくらいの物価ですよorz

マクドナルドのセットが600円から、安い食堂で1500円位と…

しゃれになりませんでしたわ~


まぁ、幸いなことに宿に選んだ「MY London House」には調理場があって調理道具もばっちりだってんで一日一食だけ外で食べてあとは自炊してました。

むーやっぱりイギリスはしゃれにならんわ。


さて、観光ですが…
やっぱり、ロンドン塔とか教会、各種博物館は入場料が10~18ポンドといいお値段をとりまくるので、ほとんど外から眺めただけで終わらせました。

まー正直、教会なんかは外から見て、中の発券場まで見たら十分かと…(汗

そんなわけで、力を入れたのは入場無料の上、前から行ってみたかった大英博物館!!

それと、同じく入場無料だったから行ってみた国立美術館とバッキンガム宮殿ですな。



いやー大英博物館は本当にすごかった!!

さすがに世界盗賊(強奪)博物館!!

世界中の国宝を個人の提督が奪い去ってきただけ会って、保管状態はばっちりでしたわー

色々、言われているけど、昔のギリシャとかエジプト、インドなんて遺跡の保管が雑だった事を考えるとこれはこれで保管の意味ではよかったんじゃないかなって思っております。

かなり色々解析されているみたいで、解説を読むのは大変だったけど楽しかったです♪

2日かけて回ったけど、結構大変だった~

…日本のブースあったけど…なぜか暴走族が日本の現代男性イメージの一環として紹介されてた!?Σ(´□`
しかも、なんか「なめんなよ」とかの時代の昭和の香り漂う特攻服の方でした。


美術館は…うん…ゴッホのひまわりとかありましたな…
うん…とても凄いと思うけど…暇だった(´ω`;;

やっぱり、自分は立体物か民族具、楽器、武器の展示館の方が好きですわ~

音楽とか芸術とかで満杯の所

ドイツから列車で移動してオーストリアのウィーン、そしてバスで移動してチェコのプラハまできていますー♪


☆町並☆
しかし、ウィーンもプラハも中世ヨーロッパの古代都市であり、交通の要所であった場所だけありますな~

そこら中にある建物が既に芸術品!!

彫刻とか

なんじゃこりゃ!!Σ(・Д・´;

ってレベルでわんさかですよ!!

wien2.jpgwien3.jpgchez.jpg
なんじゃこりゃなウィーンとプラハの建造物。

ウィーンは彫刻満載で、プラハは彫刻満載もあるけどなんかいわれのある重々しいものもあるって感じですなー

特に右の時計台とかなんてカリオストロの城とかに出てきそうでわくわくしたw


☆美食☆美味いぞー(* Д)~ ゜ ゜
美味いものはどちらもソーセージとハムばっかりの国なのでちーとむずかしいのですが…

wien1.jpg
ホテル・ザッハーのザッハートルテとか♪
なんでも、ここともう一つのカフェ(やっぱりウィーン在)とでザッハートルテの発祥の地を競い合っているそうです~
チョコレートの苦味もある程度あり、甘くないホイップクリームで苦味を調整できて…

天国の味ヽ(*´ω`*)ノ

さて、一方のチェコは…


chez4.jpg
来ました!!世界でも評判の高いチェコビール!!Σ(´ω`*

ドイツ、オーストリアもビール天国なのですが、チェコの良い所は…

格段に安い!!(*ノДノ)

ドイツ、オーストリアでは0.5L頼むと大体3~3.5ユーロ(400円前後)するけど、チェコだと…

30~60クローナ(150~300円)!!

値段の違いは麦芽度とか店の格式とかで決まるみたいですな。
一つの店では特定のブランドだけの場合が多くて、麦芽度違いの差でお値段が変わるようです。
麦芽度は高ければ高いほど黒ビールになっていって、アルコール度数も上がるって話ですわ~

まぁ、一般的に良く飲まれているのは麦芽度10%のピルスナータイプでアルコール度2~4%の軽めのものとの事です。

でもなー…すごいのですよ…

ビールってただ言うと0.5Lのグラスでなみなみと出てきて、飲み終わってほっておくと0.5Lがことっと置かれて「飲む?」って聞かれる様なお国柄♪

すばらしい!!

しかも、このお値段…
昼から飲むのも当たり前の文化…
スーパーで水とビールが同じ値段…

飲みまくってます(*ノノ)



☆芸術☆

どっちも町並みが既に芸術品ですわー

でも、美術館や博物館も沢山あって、普通に見て周るだけでも大変でした。

えぇ…特にウィーンは入場料も大変でした…orz

beruse.jpgnodame.jpg

でも、モーツアルトとかの時代の楽器とか武器がたった8ユーロで見放題だったり!!
ミュシャの美術館があったり!!

ごっついですΣ(゜Д゜;;

教会なんてそれだけで一つの美術館状態でしたわー



☆変り種☆

ここはウィーンは意外と変り種が見つかりませんでしたわ。

凄く綺麗で整った町並みで、昔ながらの観光地って感じだったので…

いってみれば京都の嵐山で町全体が出来てますって感じの所だった。



一方、共産政権支配からやっとこさぬけたチェコはほとんどの町が古いって感じ。

修繕にかける金が無いから古いままって事で、町全体が中世ヨーロッパの状態から止まっているので…

「町全体が世界遺産(byユネスコ)」

ってのが本気で何箇所かありますなー

正直、オーストリアとかドイツに比べるとプラハの一部を除く大都市は「無機質で、貧しくて、汚い。」って印象です。

でも、田舎に行くと…

chez3.jpg
世界の車窓からな映像がΣ(゜ω゜*

chez2.jpg
また、非常に独創的アイデアな…

人骨教会

もありましたわーw
TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。