スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サファリツアー

ナイロビでは日本人が多いことで有名な「ニューケニアロッジ」に宿泊した。

聞いていた値段より大分高かったが、どうもナイロビの物価そのものが上がっている様子だった。

地方都市に比べて全てが1.5~2倍の値段がする。


周りの人も身なりが良い人ばかりで、聞いていたほど危険な印象を受けなかった。

丁度、行った時はナイロビの治安が若干良くなってきたときだったようだ。


現地のスタッフも「夜にならなければ大丈夫。だけどメイン道路歩いてね。」って感じだった。

色々噂も聞いていた都市だったので、一人で歩くのは日があるうち、夜になったら複数で行動してメイン道路もしくは子連れの主婦が歩いている道だけを歩くようにした。



さて、噂のサファリツアー!!

お値段は85ドル/日で3日からとかなりお高いが、とても充実したツアーだった。

P2040258.jpgP2050372.jpgP2030112.jpgP2030139.jpgP2030105.jpgP2040318.jpg

残念なことに動物の狩猟シーンは見ることが出来なかったが、丁度子育てシーズンだった為に沢山の仔獣にあうことが出来た。

P2040297.jpgP2030134.jpgP2040267.jpgP2040282.jpgP2050377.jpg


現地で1500円追加すると昔ながらの生活をしているマサイ族の家を訪れることも出来た。
P2040341.jpgP2050357.jpgP2040342.jpg
運転手がマサイ族出身なのかも。
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

イシオロ到着

国境からの移動は散々だったが、イシオロから先は大分楽になった。

イシオロの町はケニヤ、エチオピアのなかではとても栄えており、更にケニアに入ってからはじめての舗装された道になった!!

しかも、今回はバスも安いものではなく、幾つかの会社が競合しあっている事もあり非常に快適なものになった。


イシオロの街中でもほとんどの人はムスリムの服装(女性がフード)だったが、観光客も多い街だけあって酒類が販売されているようになった。
beer.jpg
ケニアの地ビールであるタスカービール。

イシオロの町はあまり良いとは思えなかった。

理由はただ道を歩いていたのにケニア人の酔っ払いにスラングをはきかけられて絡まれたり、ストリートチルドレンを追っ払ったらその後何かにつけて絡んでくるようになった。

周りのケニア人も「仕方ないね。相手にしないほうがいいよ」だけいって助けてもくれないし、正直今まであったアフリカ人全般にうんざりした。


しかし、いいこともあった。

イシオロの近くにコーヒーファームがあると聞いて、コーヒー好き(韓国でコーヒーの学校教員をした事もあらしい)のホーンが行きたいと言い出した。

実際はコーヒーファームではなく国立農学研究所だった。

その際、お会いした研究所長はとても紳士的で、理知的な人だった。

また、その研究所周辺の農場やお茶屋の人たちはとても親切で、穏やかな人で久々に落ち着いて会話を楽しむことが出来た。

kchild.jpg
子供たちはちょっとシャイで、「写真を撮らせて」って言うともじもじしたり大騒ぎでばたばたしてた。

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

陸路とサファリが凄いケニア

エチオピアからケニアの陸路国境超えは噂に名高い、世界三大悪路の一つらしい…山賊付…
誰が言ったか、残り二つはどこだかは知らない。(^^;


無事に国境超えは終わったのだが、両替が上手く出来なかった。

実は同行した韓国人のホーンが手持ちの現金が寂しって事なので、ATMでおろした現地通貨を買い取ってあげたため、エチオピアブルが大量に余ってしまっていた。

しかし、両替をしようにも…

エチオピア人はとにかくありえないレートで両替を持ちかけてきて、ためしに国境係員に「このレートってどう思う?」ってたずねてみたら「ふざけているね。ありえないよ。」って回答が来る始末。

はっきりいってエチオピア人頭悪いわー
米ドルから価値を大まかに計算したら、半額以下にして取引させようとしている。
それを全員でやってお客逃しているし…ほとんど誰も両替してないみたい。

仕方なくケニア側に言ってみるとこちらもメインロードはエチオピアと同じレートだけど、少し離れたところにいけば大分レートが良くなってくる。

ただ、ケニア人もこの国境の人は悪人や詐欺師が多いみたいだ。

約束したレートで両替しようとしだしたとたん悪いレートで返してきた。

特にホーンが見つけたバス会社の社長が個人的に変えてくれるって言う怪しいものは、バスのチケット買う前だが社長がどっかに出かけちゃって(お祈りした後帰宅するんじゃって言われた(汗))戻ってこなかったorz

どうも、ケニアも約束を破るのは当たり前の風潮が強い。


結局、通常のレートで考えると2割は損しているレートで両替せざるを得なくなってしまった。

それでも、エチオピア人が最初に言ってきたレートの半額以上損するよりかはマシだ。



ケニア国境からはたまにしか出ないバスか、チャーターしたジープで移動しなくてはならない。

エチオピアの国境近くで更に韓国人のおじいさんが仲間になって一緒に行くことになったが、その人はケニアから入国して、エチオピア南部を観光していたらしい。

おじいさんが言うにはジープなら別に辛くないし、結構早くつくとの事で気楽な気分で居た。

…ホーンがバスを発見してきた…
話を聞くとジープはナイロビやイシオロまで一人30~40ドル位、たいしてバスだと15ドル位で行くらしい。

疲れるだろうからイシオロという北部エリアの街でゆっくり休むことにし、バスを選択した。
…辞めておけばよかったorz

P1290198.jpg  P1290188.jpg
ファンキーな概観かつぎゅうぎゅうのイモ洗い状態の車内。
更にその後も短距離移動のマサイ族とかががんがん入ってきたorz

足も伸ばせないほど狭い座席ピッチ、更に当った席はタイヤの上で他よりも狭い!!
ホーン、自分、おじいさんと男3人並んで座るにはあまりに狭い席だった…

それで2日…既に1時間後位から疲れで意識がぼーっとしてくる。
ふらふらしながら宿泊する田舎町まで移動していると、途中で何度かエンスト…
ケニアの警察隊の怪しい検問でエチオピア人が賄賂を強制されるために1時間に1回は止まったり…

遅々として進まない!!Σ(゜皿゜メ

本当にケニアの警察の対応は悪いし、検問の賄賂も不正らしく、検問そのものも賄賂目的で開いていそうだった。

見渡す限り無舗装の道と平原にいきなり検問だけって…
もっと山賊の出る山や林の近くでやってくれ!!(T皿T)

P1300212.jpg
飯は安いけど正直不味い…
イスラム教徒がほとんどのエリアないで、肉も山羊を煮込んだもので癖があった。

どうも、インドから中東の影響が強いみたいで、チャパティというインド風薄焼きパンがあったり(味はもう少し甘くて、更に軽く揚げてある)、お茶もミルクチャイだった。
ただ、このミルクチャイ。使っているのは山羊の乳で凄くどろっぽい匂いがした。

首都に行くほど肉の質も良くなり、チャイも牛乳を使うようになってきたから収入の差なのかもしれない。

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

アディスアベバにてー

bou1月23日 アジス・アババ タイトゥホテル

てんてこ舞いの移動をしながらやっとこさエチオピアの首都へついた。

流石に噂どおり厄介かつ、余計なことばかりする国のエチオピア!!
旅行大国にするには国民性に問題がかなりあると感じた。(TДT)

英語はスーダンよりましだけど、何でもかんでも話しかけてくるし。
英語が話せない人は興味本位でスラングを叫びながらよってきたり、「ユー!!マネー!!」と近寄ってきたりする。
また、旅行会社とかで何か依頼しても間違えたり、細かい嘘をつかれて少しずつぼってくる。

特にバス移動では「外国人はぼっていい」の精神で接してくる人が多くてかなりつかれた。
一度などは正規の値段の2倍近くを取ろうとしてきた。
これは、仲介として入った連中が嘘を言い、更に前金として払った半額を持ち逃げされたといわれたが…
警察へ行かせようとしたらなんだかんだと嘘を行ってバスから降ろそうとしたり、仲介した人間が正規のバスに乗って確認させてくれたり、仲介した人間へ電話しようとしたら「そんな奴は知らない」とか「彼は地元のガイドだから我々とは関係ない」とか色々並び立てて電話をかけなかったことから旅行会社全体でグルになった犯罪だと考える。
結局、警察に一緒に行かせて、警察がそこ連中のことを知っていたようで「後で捕まえて金は取り戻すから」と前金分の金をくれたことで解決した。

旅行会社関連のトラブルが凄く多い。(TДT)

一緒に旅行していた韓国人のホーンは、郊外のコーヒー農場を見に行く為に少し割高なバスで移動したが、コーヒー農場へ行く前の街で降ろされて「そこには行かないバスだ」といわれたらしい。
結局、苦情を言ってコーヒー農場近くまでローカルバスで移動する手配をさせて、差額を取り戻す為の作業が必要だったらしい。


基本的に女性と教育レベルの高い男性は親切だし紳士的なんだけど、庶民と旅行会社のレベルが低い感じがした。

とにかく金に汚いし、スラングと判っている言葉を吐いて相手が怒っているのをにやにやしながら楽しむ連中が多すぎてうんざりする。
特に子供ほどその傾向が強い。
外国人が怒るのを楽しむなんて、貧しい神経だなと感じた。

逆に良い点は、基本的に暴力を振る人がいない、金銭トラブルがあってもこちらが突っぱねれば大抵諦める(ただし1時間以上は粘ってしつこいけど)、女性と年配者、教養のある人は親切で紳士的、物価が安くて料理の質が良い、コーヒーがおいしい!!

P1260138.jpg     P1260142.jpg


特にレストランで働いている人は概ね親切で、紳士的だった。

写真を快く取らせてくれたり、コーヒーとか色々解説しようとしてくれた。
また、アディス・アベベのワタマ・ホテル(有名なバロ・ホテルの道を挟んで反対側)では、料金が高めで泊まらなかったが快く部屋をみせてくれて、泊まらないとわかった後でもコーヒー・セレモニーに無料で招待してくれた。
100Birrとタイトゥ・ホテルより高めだけど、比較的綺麗だし、レストランは安めでおいしいから行く人は是非見てみてください。

エチオピアの旅行はどれだけこのような親切で正直な人に当たるかでかなり印象が変わると思う。
…地方では凄く難しいけど(ノДT)

タイトゥ・ホテルはスタッフが親切だし、料金は安めだし、有名なので道に迷った時に人に聞きやすいととても快適なホテルだった。
部屋の場所によってはアリが出てきたり、かなりおんぼろの施設だったりするが、この値段なら納得がいくと思う。
ホテルの近くの売店は若干ぼってくるので、女性店員が居る少し離れた売店へ行ったほうが良かった。

うーん…自分はエチオピア人のイメージあんまりよくないなぁ(汗

P1220039.jpg
エチオピア名物のインジェラ。味は酸味のあるクレープ。

P1240099.jpg
エチオピア人はキリスト教徒ばかり。
キリスト教徒って『強欲』『淫乱』『怠惰』って大罪じゃなかったっけ?(ノДT)

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

スーダン感想

1月21日
スーダンを無事に抜けた。
思えばスーダンは話しに聞いていた以上にきつい場所だった。
知人に紹介してもらったスーダン人のアブドが居ないと二進も三進もいかなかったと思う。


良かったことは

1) 街中のそこら中にあるお茶屋の女性は親切で、ぼったり、変なことを聞いてきたりしない。

2) 基本的に親切で困っていると助けてくれる。特に日本人と判ってからは親切。

3) 治安が良くて、街歩きに不安を感じない。

4) 北部の地方都市では旅行者を見かけるとお茶や果物をおごってくれた。
売り物のすいかとか1つ丸まるただでくれたりして、にこにこした人の良いおじさんが多かった。

5)アラブ式のお茶(シャーイ)とコーヒーが美味しい。


きつかったことは
1) 交通機関、特に電車の状況が酷い。

電車が時間通りに動かず12時間とか1日とかそういう単位で遅れる。
電車が砂漠を走るけどエアコンがついてないから砂まみれで窓を開けているし、夜は窓が完全に締め切らないからものすごく寒くて日本の真冬並みの服装が無いと寝付けない。
バスも人が集まるまで待つので、予定通り出発しない。

2) カルツームでは結構ぼってくる人が居る。
ぼらないって噂に聞いていたけど、アブドに確認してみると結構こまめに皆ぼろうとしていた。指摘したら「買わなくていいよってタイプ」と、「あれ?気が付いた?って正規の値段で売るタイプ」に分かれた。

カルツームのレストランで頼んでいないものを出して金を過剰に要求された。突っぱねたら喧嘩を売られた。

3) 中国人と勘違いされると凄い扱いが悪い。

カルツームでは町を歩いているだけで「ヘイ!!!チャイナ!!」って馬鹿するようなしぐさと共に呼ばれた。酷い時は手でちょっかいを出されたり、作業の邪魔をされる。

カルツームで宿を探していた時、安宿で中国人と勘違いされて「フルだから帰れ」と喧嘩口調で言われた。

特に日本人などの東洋人の旅行者がほとんど居ないうえに、カルツーム周辺は中国人が進出してきてトラブルが起こっているらしく、東洋人に対しては「嫌な奴らの中国人」として扱われることがものすごく悲しかった。

4) 英語が通じにくい。
英語がほとんど通じず、また話を聞かないで一方的に話してきて、こちらが確認を取ると「お前、英語使えるのか?」って馬鹿にしてくる。

料金交渉が既に終わっているとこちらが判断していたことを、聞いていないといわれて揉めた。
カルツームのレストランでメニューの内容を聞いてから注文したのに、英語がわからないのに「イエス!!イエス!!!」とだけ言ってきて、散々確認したものと質が劣ると感じるものが出てきた。しかも、結構高いレストランで。

ローカルな電話店に入って話しかけると「ノー!!」とだけ言われて追い出された。

とにかく、英語がわからないから全て「イエス」と「ノー」だけで振り切ろうとして、更にこちらの話を聞かない人が多いためトラブル連発だった。(TДT)


ほかの人の話を聴くと、たまたまなのかもしれないけど嫌な目にあう確立が高かったみたい…
アブドとお茶屋や、地方都市で出会ったおばちゃんやおじさんが居なかったらスーダン大嫌いになっていただろうなぁ


基本的にスーダン人は日本人大好きなんだけど中国人に会う確立が高い為、まさか自分の目の前に居る東洋人が日本人だとは考えないで馬鹿にするってパターンが辛い。

交通の便は内戦が終結してから急速に良くなっているそうなので、最初の電車は数年もすれば改善されてゆくと思う。

カルツームの街中も近代的なビルが建ってたし、まだまだこれからって印象があった。
地方は凄く人が良いらしい!!
特に北部はエジプトの影響か英語が通じる人もいるらしいし…
今度、観光する機会があったら北部を中心にしようっと。

スーダンをふらふらと

今回の更新!
(1)12月09日としてヨルダン・ダナ自然公園の日記をアップ。
(2)スーダン入国報告。

とうとう、ブラックアフリカの国スーダンへ入国しました!!ヽ(´ω`*)ノ
いやぁぁぁぁ、どこを向いても黒い人ばかり。
でも、なんとかやれてます♪

しかし、スーダンは基本的に親切な人が多いと聞いてきたけど、やっぱりエジプトの悪いところはちょっと引き継いじゃっている感じですな。
少しずつぼってくるのですよ。(汗
しかも、1スーダン£が50円前後と高めの為、少しと思ったら一気に50円プラスになっていたり…
油断なりませぬ!!

それと首都カルツームは…ちと、いまいちですな。(汗
観光名所が何にもないし、近くに中国人が住んでいてトラブルを起こしているらしくちょっと嫌な言い方をしょっちゅうされちょります。
日本人がほとんどいない上に、中国人がおこすとらぶる…
わーん(ノДT)
チャイナちやうわー!!

そんなわけで、カルツームはさくりと逃亡する予定です。
現在、ケニアのビザを取ったり、スーダンの旅行許可証を取ったりしているのでカルツームに居るけど、明後日(1月21日)にはエチオピアへ移動します!!
難点はエチオピアはスーダンと違って…暴力的な犯罪が横行していること(汗

田舎はOKなんだけど、首都アジスアベベと観光名所ラリベラって都市が危ないそうです。
まぁ、無理はしない程度でいってきますー♪ヽ(>w<)ノ

スーダン最北端の街、ワディ・ハルファ

1月13日 ワディ・ハルファ

エジプトのアスワン・ハイダムの港から出発した船は、約20時間かけてスーダンの港町ワディ・ハルファへ到着した。


船内では既に入国の審査は済ませており、降りたとたん自由に動ける状況だったが…

この、入国審査がめちゃくちゃ遅い!!
審査員が3人居たのだが、何故か分業する必要が無いくらい単純なことを3人で分業していて、更に何度も違う伝票へ名前とか国籍を手書きで書き写してゆく。

ほとんどの国がそうであるようにスーダンものんびりした国民性で、審査に3時間以上かけていてもあわてないでのんびりやってた。

もっと、早いところで並べばよかった…


降りてからは一旦200エジプト£だけを両替し、ワディ・ハルファの街中でレートを確認しながら100$を両替しようと決めてバスで移動した。
他の旅行者の話を確認しながらレートを聞いてゆくと、ほとんど人によってレートが変わらないし、街中よりも若干良いレートらしい。

1$が2.15スーダン£だった。
電車(81スーダン£)で移動することと、旅行許可証(51スーダン£)の事を考えて100$予定通り両替した。


ホテルはルーム・シェアできる人が見つからなかった為、バスで知り合った人達と別れてドミトリーで一晩7£の所へ泊まることにした。
しかし、流石に安すぎるくらいのところ…汚いし、シャワーはナイル川の水をためたバケツだし、トイレは肥溜め式のものすごいしろものだった…

あらかじめインドを経験しておいて良かった(ノДT)


電車のチケットを取りに行く際に、カイロのスーダン大使館と船中で出会ったホーンという韓国人の人と一緒になった。
まぁ、そこそこ話してみて意地っ張りだけど、悪い人じゃない様子だったから途中まで一緒にいくことにした。
※結局、仲良くなってケニアまで一緒に移動した♪


チケットは無事にカルツームまで購入でき、次は旅行許可証が必要。
ホーンは旅行許可証をすでに取っていたらしく、取りに行くのを手伝ってくれた。

…ホーンは正規の代金が51£の所、61£要求されていたらしく窓口で10£をもぎとりかえしてた…
話を聞くと他にも結構な数の旅行者が料金回収係員の過剰請求の餌食にあっている様子だった。

スーダンは親切な人が多く、ぼらない国と聞いていただけにガッカリだった。


週1回しかない電車の出発は4時半…だけど、まず時間通りに出ないらしい。
案の定、我々が乗ったときも5時半出発になっていた。
さて…これから車中で2泊の旅…二等列車なのにものすごく狭いし、汚いし、トイレは流れない&ドアが閉まらない、椅子は木の椅子だし…既にげんなりしまくり…

~34時間後~

砂まみれで首都カルツーム駅に到着。
朝3時なので夜明けまでは駅構内の待合所で時間をつぶすことにした。

大変な電車だったけど、一緒のブースの人に乾燥ナツメとかピーナッツ、途中の停車駅のマーケットでスイカとか貰って、人は凄く良かった♪

スーダン1
お茶屋のおばさん達はとても親切だった♪
スーダンはイスラム教なので女性の写真が撮り難く、また男性も写されるのを嫌うのでこっそり撮った。

スーダン2
ワディ・ハルファの強烈なホテル。
安いけど、キツイ(´Д`;;

アスワンからスーダンへ!

はい、エジプトの最南端に近い街アスワンを訪れています!!

明日はここから出るスーダン行きの船に乗る予定!!

しかし…聞けば聞くほど

耐えてアフリカじゃ!!(゜皿゜;

おんぼろの船で一泊二日、更におんぼろの列車で二泊三日…

連続で移動しないと首都につけないとの事…

もー情報を聞いただけでうんざり(´ω`;;


スーダンは観光名所もないし

ビザ100ドル、入国税40ドル、出国税10ドル、更に街ごとに外国人登録が必要!!

観光客が横を通り抜ける国として有名です(T皿T)

下手すると飛行機のほうが税+移動費より安いしー



まぁ、そんな辛さを超えるとすごいんですよ!!

遅々としてバスが進まないエチオピアと、アフリカの陸の難所ケニア国境から首都ナイロビまでの山道(山賊付♪)、世界有数の犯罪都市ナイロビ


どーんと待ってます♪



(´ω`;



まぁ…達成した時の快感は凄そうじゃ…

無事に帰れることを祈っていてくださいな(ノД`;
TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。