スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日と死体博物館

今日は明日からインドへ行くし誕生日なので、今まで行きたかったけど行かなかった「シリラート死体博物館」へ行ってきました♪

まぁ、ここは国立病院にあるいわゆる「ホルマリン漬け」とか「事故死した人の骨格標本」「犯罪者のミイラ」などがごろごろ並んでいるところですわー

中は輪切りになったホルマリン漬けとか病気で奇形になって生まれなかった胎児のホルマリン漬けが目立ってましたな。
珍しいのは凶悪な犯罪者が「死後も供養をされずさらにものにする刑罰」として、ミイラとして展示されていました。

まぁ、結構衝撃的だけど、生化学系の人なら多分平気ですわー
ちゃんと資料として整えられているし、そこまで生々しいわけでわないですな。

ちなみに自分は「寄生虫」が一番興味がありました。
専門の食品衛生・加工の敵なので。
しかし、体に寄生虫が入ったからって足が象みたいに巨大になったり、睾丸が腕一抱え分位に巨大化したりするなんて不思議ですな。
寄生虫だけなら目黒の寄生虫博物館の方が見ごたえありますw

ちなみにバンコクのガイドサイトにも紹介されてたんで。
ここをぽちっとね(*ゝω・b☆

http://www.bangkoknavi.com/miru/miru.php?id=14
スポンサーサイト

バンコクで日本食

バンコクはさすがに都会だけあってほしいものがほとんどそろいますわー♪
ちょっと高かったけど、紀伊国屋書店でインドのガイドブックも買えたし♪

そして、そのときに発見したのがそこらじゅうにある日本食料理店。

普段は特になんとも思ってなかったけど、チェーン展開しているのがそれなりに高くないくらいのお値段だったので結構食べちゃってます。
一回食べるとジャポニカ米の味が懐かしくて、ついずるずると何度も(つД`;
やっぱり、ジャポニカ米うまいよ!!すっごいもちっとして、ほんのり甘くて…はぁぁぁぁ

中にはタイ人向けのタイ企業による日本料理店もあって、すごいなんちゃってな時もありますがなw
大戸屋や8番ラーメン見たいな日本チェーン進出しているし、タイスキのMKレストランチェーンのYAYOIっていう結構しっかりしたレストランもあるし、回転しゃぶしゃぶっていう怪しいものあるしで、結構楽しんで比較してます♪
回転しゃぶしゃぶはたれが…どうしてもタイスキのたれにしか思えない(汗

サムイ島からの移動2

さて、やっとこついたスラーターニの駅。

夜もふけてきたのでホテルを探して、安いけど古い典型的な安宿へ宿泊しました。
まぁ、古いけど汚いわけではなかったし。(^-^)
チケットも買いたかったけど緑の窓口の様に、先のチケットを買うオフィスはしまってたから次の日にしましたわ。

それで買えたのが18時半出発の夜行の座席…
えぇ…ぎりぎりすぎて寝台取れませんでしたorz

幸いクーラー効いている席は取れたので、そこまで辛くなかったけどこれならバスで移動すればよかった。(T皿T)

さらに駅前にはジョイントチケットのプーケット行きばすががんがんくるし、ほかのバス会社も駅で人を落としてゆくしで…
最初に駅って言ってればこちらにきてたのかぁぁぁぁ(TT皿TT)
ってギリギリと歯軋りしながらみてましたわー

やっぱり、知らない町って通り抜けるだけでも情報を手に入れておかないと危ないですな。(汗

ちなみに駅前は小さな商店街しかありませんでした。
ほーんとになにもないの(汗
娯楽施設もないし、喫茶店も現地の人向けの椅子とかがぽつんとおいてあるだけ。
時間もつぶせないしで、列車の時間まで10時間も公園でぼーっとしている怪しい日本人やってきましたわ
はー大変だった。(汗

サムイ島からの移動1

タイ南部にあるサムイ島を経由して、列車でバンコクまで戻ってきました。ヽ(´ω`*)ノ
バンコクは飯がうまいですなぁ

サムイ島では400Bでビーチまで近いし、プールもあるところでのんびりしてきました。
しかし、その後が大変だった。

サムイ島からジョイントチケットっていう会社のバスで本地のスラーターニっていう町まで行ったのですが、町と駅が離れていることを知らないで「町でいい?」ってのに「OKOK」と答えたのが不運の始まりでした。(´ω`;;

スラーターニでは…町からも駅からも離れた場所に落とされて…
「駅行きたいんだけど」って周りに聞くにも、バスの客はすべてバンコクかプーケットに行くから乗せてもらえない&持っているチケットのスラーターニの町はここまでだって寂しい返答ばかり。

仕方なくトゥクトゥクに聞くと「皆、町に行かないから乗り合いできないし、駅まではものすごく遠い」って言われて「それじゃ、バスターミナルまで行くからのりな」っていわれるまま乗り込んじゃいました。
えぇ…値段の交渉しっかりしない状態で…(汗

結局、バスターミナルに行ってから駅を探そうとしたのですが、どうもトゥクトゥクの人が言うには「遠いし、値段的にもバスのほうがいいからここで買え」ってだけ。
マージンでも出ているのかと怪しんで、「駅に行きたいから自力で探す。もういい。」って分かれようとすると、「タクシー代200Bよこせ。」ってなりました。
そんなに高いのかーってびっくりして「ありえん!警察呼ぼう!!」ってけんかになりました。

まぁ、正直値段交渉しっかりしてなかったし、運転手の人は駅まで行くのに200Bかかるって何度か言ってきてたので、ここまでも200Bとして向こうが認識してたって様子。
こちらは「一度も200Bに良いって返答してない。10分も走ってないのに、値段が高すぎる。警察に入ってもらって交渉しよう。」って主張。
お互いに主張が平行線をいつまでもたどるので、自分が「警察!!」って主張しまくったらそのままもと来た場所までつれてかれて置き去りにされましたわ~
お互いに「けっ!!」って言い合って分かれました。

うーん、自分のミスもでかいなぁと思いつつ、まだ明るいし、町までの距離と方向、大体の徒歩での時間予測ができたから歩いてゆくことにしました。
途中で見たところ流しのトゥクトゥク大量に走っていたし…
最初っから乗り合い無いなんてうそっぱちやんって、ぷりぷりしながらの移動。

適当なところで乗り合い捕まえようと様子を伺っていると、歩いていた自分に声をかけてくるバイクタクシーぽい若者が…
「町までは遠いから乗っていかないかい?」って言われたんで、「うん、いくら?」って今度はきっちりやろうと声をかけてみると、「ノーマネー!!めいよぉ!!」って返答。
これは「金は要らないよ。」って言ってる…
うーん、正直前にあったことを引きずっていて、南部タイ人は信用できないって頭ができちゃってたので思いっきり警戒しちゃいました。
結局は数が少ないとはいえ人通りはあるし、万一のときは飛び降りようと、お言葉に甘えて乗っちゃったのですが、本当に親切で乗せてくれた人でした。
「街中までね」ってことで移動する最中にお寺やお祭りで移動している山車さして「タンブン!!ブン!(徳を積む。徳。)」って事言ってたから、「徳を積むだけだ。お祭りだし気にするな。」って言ってくれていると解釈。
あー本当にありがとうって最後大声で「さんきゅー」って言ってお別れしました。
ちょっと涙出かけた(つД`*)

その後はほかのトゥクトゥクの人に「駅まで行きたい」って交渉するが、英語がわからない人で、こちらも相手の言っていることがわからず…
結局「バンコク!」って言葉に反応して、先ほどと同じ地域のバス会社までつれてってくれました。orz
「ちがぁぁぁう!!」ってこちらがわたわたしてたら、ある程度英語がわかる人が出てきて向こうに伝えてくれました♪
返答は「駅まで200Bかかるよ。遠いし。」って内容。
ちょっと渋ったら150Bまで落ちた。
うーん…高いし、さっきのこともあるから遠いって信用できないし…路面バス使おうって思って、「それじゃ、今はいいや」って言って分かれました。
でも、このおじさんは本当にいい人だった。
そこまでの運賃も取らなかったし、じゃあなって感じで笑顔で手を振ってくれたんで、こちらも「さんきゅー」って言って分かれました♪
後で考えるとこのおじさんにつれてってもらえばよかった(汗

その後、歩いて路面バス見つけたけど営業時間終わったみたいで回送のみ。
仕方なくそこらのトゥクトゥクと交渉すると、指2本出して「12」って言われた。
安いから2-3度確認しても同じことを言ってきたので、「120B」と解釈して乗り込みました。
確かに遠かった(汗
30分以上は飛ばしてやっとこさ駅周辺到着。
お金を払おうとすると「200B」って…
あほかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
また、喧嘩(汗
どうも相手は「公的料金があるんだ。200Bで正当。12なんて言ってない(もしくは間違えた)。」って言っている様子、こちらも最初は「いやいや、12って言ったし、安いから2回も確認した。その上で間違えたのはそちらのミスだ。」って穏やかに交渉。
しかし、相手は自分のミスを認めないし、指2本なのだから200Bで当然だって言い出す始末。
こちらも疲れてたんで「でも、あなたのミス。それじゃ150Bでどうだ」って交渉しても、聞く耳持たず。
仕方ないんで怒鳴りつけて「ふざけんな!!お前のミスだ!!警察でもいくかこらぁ」言いながら、120Bをたたきつけて去ろうとすると、「わかった。180Bでどうだ。タクシーできたら大体この値段だ。」ってことでお互い手を打ちました。
まぁ、後でちょっと古い看板のタクシー広告見たら「町中まで140B」って書いてあったから、石油値上がり分考慮に入れてちょうど良いくらいだったかな。(´ω`;;

ハートヤイ

マレーシアのランカウイ島で5泊6日過ごした後に、直接タイへ上陸しました。

フェリーで移動したのですが、ランカウイ島からタイのサトゥンまで片道1時間半程度、RM30で1日2~3便出てました。
時間は9時半、13時半でしたな。
3便目があるのは金曜日だけです。

フェリーは結構いいスピード出してくれるんで、がっつんがっつんゆれますわ~
昔の青函連絡船(青森と函館間を通っていた定期船。スピードボートみたいに揺れまくるのが特徴だった)を思い出しちゃいました。

サトゥンからはフェリーポート内の旅行会社の客引きに乗って、ハートヤイまでソンテウとバスを合わせて250Bで依頼。
途中で日本人の女性にあって話してみたら、その人はランカウイ島の旅行会社にフェリーとフェリーポートまでのタクシー、サトゥンからハートヤイのバスを全部依頼してRM80だったとの事。
自分の総額がタクシー合わせてRM79だったんで、まとめて移動できる分そっちの方が楽そうだなーって思いました。
まぁ、ランカウイ島のタクシーに数人で乗れるなら、個人手配のほうが安くなるですけどね。(^Д^;

そして、今はマレー鉄道とつながっているタイの鉄道の町であるハートヤイ!!
うん、普通の地方都市ですw
ただ、マレーシアはほとんど田舎に行かなかったんで、ハートヤイがずいぶん不便にかんじちゃいます。(汗
でも、物価もやっとこさ下がってちとほっとしておりますわー
食費がなぁ…ビーチリゾート値段は恐ろしかった(がくがく

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

ランカウイとマレー鉄道

更に次はマレー鉄道で北上してビーチリゾートの島、ランカウイ島に来ています。

途中のクアラルンプールでモンゴルで出会ったマレーシア人の知人に会ったけど、連絡をぎりぎりにしたので「もっとゆっくりして泊まってけ」ってのを蹴ってしまって申し訳ないことしちゃいましたわー
その人も無事イングランド人の奥さんと再婚(こちらも知人)して、戻ってきたばかりだったそうで「うちのダーリンも待っているぞ」って言われたけど…

チケット買っちゃったし(´・ω・`)

で、軽く挨拶だけして直ぐに夜行でマレーシアの最北端に近い場所まで移動!!
中距離のバスで隣町まで移動した後、フェリーに揺られること50分。

ヤシと鷹伝説が残るランカウイ島到着!!

ランカウイ島はマレーシア領よりもタイ領の方が近い場所で、昔マレーシア人の王様とタイ人の奥さんが住んでいて、あるとき奥さんに浮気疑惑が生じて処刑された後、災害が起こりまくったっていうちょっとした伝説のあるところです。

でもな…
ここの一番いいところは…

島全体が免税♪

ビールがなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんと!!
350缶で50円弱♪(´ω`*

これはすばらしい!!
だって、マレーシアのほかの都市だと一本200円位するし、シンガポールも200~300円したし…
久々にちゃんとビール飲んだ♪



さて、ひとまずお金は節約しつつ、残金をFXで小口に分けてちょこちょこ動かしてます。
とにかく、この金融不安だと値動きがあほっ見たいに落ち込む事と、損失管理をきっちりしないと手痛い目にあいまくることが身にしみてわかったんので、無理な投資はしない、損失は早めに切るって事を守りつつやってます。
また、プロのブログとか基本的な事が書いてあるサイトを見ながらお勉強中です。

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

シンガポール…金さえあればねぇ(汗

何とか無事に生きてます♪


その後、マラッカからシンガポールまでバスで移動し、久々の大都会を見てきました。
いや、これが結構大変だった。

マラッカで12時チェックアウトでバスターミナルに向かったのですが、乗った周遊バスがトラブルで停止。
しかも、他の人は運転手がアナウンスして代替輸送したみたいだけど…
実は自分は寝てた上にマレー語のアナウンスなので、何も気が付かないでぼーっとしてました。(汗
随分静かだなーって周りを見渡してみて、発覚Σ
あわてて、運転手のところに行くとマレー語でいきなりにらまれながら怒鳴られました。
こちらは最初から英語で話しかけていたし、怒鳴られる理由も無いのでムッとしながら「ここの場所はどこ?バスターミナルまで他のバスでいけるの?とにかく怒鳴るな!!」って答えたら、今度は英単語を連発して怒鳴りつけてきます。
んーよくわからないけど「英語話せないんだよ!!あぁ!!文句あるか!!」って言いたいようです。
仕方なく、運転手に「いいから他のバスと場所を教えてくれ。」って言っても、凄い馬鹿にしたような顔をして無視し始めました…
散々、落ち着いて話しかけても無視…

えぇ、切れました。
怒鳴り散らしました。
とにかくこちらに注目させないと話にもならないので。
そうしたらラジエターに入れようとしていた水(そこらの水溜りから拾ってきてた)をぶちかけようとしてくるじゃないですか!!

こちらも頭に来ているんで、そんなの無視。
とにかく詰め寄って「良いから、ここはどこなんだ!答えろ!!」って怒鳴らないように再度要求します。
えぇ、もちろんそのまま無視。

…ふーってため息をついて「名前は?バス会社とツーリストポリス今から呼ぶし、苦情を入れるから。言え!!」何度も良いながら、ガイドブックの電話番号をチェックし、携帯が使えることを確認し、バスのナンバーと運転席に合った登録書をメモしにかかりました。

うん、流石に反応あり。
適当な乗り合いタクシー止めて運転手がRM1払って、無事バスターミナルにつけました。
やれば出来るじゃんか…

2時間近くかかってやっとついたバスターミナルでシンガポール行きRM22.1(約600円)の国際バスチケットを購入。
でも、丁度混んでいる時期なので4時間先のバスしかないとの事…
しぶしぶ購入して、バスターミナルを歩いていると別の場所にべチケット売り場発見。
ためしに何件かチェックしていると「あ、30分後のまだ空いているよ」って…

えぇぇぇぇぇぇぇぇ(@_@;)

あわてて、最初のバス会社に言ってみると「キャンセルは出来ない」って言われて…ちょっと悩んだけど、RM22って宿代1泊分するからおとなしく待つことにしました。

バスそのものは問題なく進んで、シンガポールとの国境へ。
ただ、気になるのはこのバス、マレーシアの出国審査で手間取っていた人を置いていこうとしてたこと…
まったく、何の確認もしないまま進んで、その人の知り合いが気が付いて止めてなければ荷物もったままマレーシア入りしてたところでしたわー

こちらは…シンガポールの入国で引っかかりました。(汗
CDやDVDを持っていたのですが、コピーチェックの為に荷物を片っ端からチェック、更に入国審査のゲートで一人前のマレー人のおじさんが入国シートをちゃんと書いてなかったみたいで、色々指摘されててぜんぜん進まず…

あわてて外に出た時にはバスは遠くのゲートを通り抜けていってました…(TДT)

仕方なく、そこら辺に居た国境警察に教えてもらって、他のバスに乗ろうとするも…シンガポールドルがないorz
国境付近には両替所もATMも無く、しばし呆然とたたずむばかり…

といっても、既に夜10時半を回っているので、その場いてもいいこと何もないので歩いて外に出て商店街を目指して歩いてゆきましたわ。
すっごいぐったりとして何とか見つけたATMで現金入手、更に1時間近く歩いて見つけたけ電車で中心街まで移動…しようとしたら、途中で止まって時間になりましたので営業を終了しますのアナウンスが…orz
踏んだり蹴ったりでタクシーにのってみたら、8.5S$(約700円)…国際バスより高いΣ(TДT )

ふらふらになりながら、宿に着きましたわー

シンガポールの想い出は…なんかこれが一番になっちゃいました。(汗


観光名所めぐりはラッフルズホテル見に行ったり、マーライオン見たりしたけど…
うん、こんなもんかなーって位で感動も無く、飯も酒も高いんで街中の綺麗さと便利さをちょっと楽しんで3泊4日でささっと出てきちゃいました。

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

旅最大の危機orz

FXが…

外貨が…

ぜぇぇぇんぶ…

駄目になりました…


総額50万弱の損失orz

何とか一部は損きり出来たので、20万弱は残ったのですが…

また、それまでに10万程度の利益が出てたのでトータルでは40万の損失ですんだのですが…

もぉ、駄目かもしれません…orz

そんなわけで今日は親に頼んで「虎の子の前の会社の株」を担保に、それに見合うお金を貸してもらえるようにお願いしました…

われながら情けないorz

ハリラヤ・プアサだってぇぇぇぇぇ!!!\(◎o◎)/!!

無事、インドビザも取れたのでクアラルンプールから南に移動して、マラッカに来ています。

マラッカはマレー半島の先端に近いところにあって、潮の流れの関係から欧州からアジアへ移動する時に立ち寄りやすい場所です。

そんなわけでオランダ、フランス、イギリスが血みどろの戦争をしたので、そこら辺の遺跡やら建物が多い地域で知られてます。

いや、実際ついたばかりでバスから外を見てても、町の中心部は古い欧風建築でしたな。
教会も立派で至る所にありましたわ~
もしかしたら、マレーシアのキリスト教徒の数が凄い多い地域なんじゃないかな?

クアラルンプールからはバスで約3時間なので、おとなしくバスを選びましたわー
電車は近くまで通ってないそうで、車で1時間ひがしに離れた隣の市まで行かないと行けないそうです。


まぁ、今回もトラブル無…いわけじゃありませんw

長距離バス乗り場から街中に出る周回バスに乗った時に、運転手さんに降りる場所教えてもらえるはずが…運転手さんすっかり忘れてました!!

ん?何か景色が田舎っぽく…
「あ…運転手さん~」
「OH!!○×△!!」
軽く幸いで照れ笑いしてましたわー
目的地だいぶ離れちゃったから、そのまま座っててって言われて、周遊バス2集目突入しましたわw


いやーしかし、さすが観光都市だけあって観光客が多い♪

うーん…国内の観光客なのかな?って人が多いなぁ…

…何か変…(汗

って思ってたら、ホテルも満杯!!
どこもかしこも満杯!!!

半べそかきながら5-6件目に行こうとした所で、声をかけられた宿に行きました。
サニーG.H.って所。
汚くはないし、値段も安いんで即決♪

そこで理由がわかりましたわー

ハリラヤ・プアサだってぇぇぇぇぇ!!!\(◎o◎)/!!


今日は…ムスリムの断食月が終わった日…

つまりは一ヶ月の信者が一丸となってやる辛い修行が終わったんで、皆で大パーティしたり離れていた家族が一堂に集まったり、国内を家族で観光したりするお祭りの日です!!

あーどおりで…どおりで人が多いわけだ…

ホテルの人が言うには「ここ数日はホテルも、バスも凄く値段が上がるよ」って

しまったぁぁぁぁぁorz

Ps.FXは何とか少しずつ元を取り戻していってます。
何とか昨日と今日で5万ちょいとりもどせた(ほっ
景気回復にあわせて、とにかく取り戻さないと

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。