スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーダン感想

1月21日
スーダンを無事に抜けた。
思えばスーダンは話しに聞いていた以上にきつい場所だった。
知人に紹介してもらったスーダン人のアブドが居ないと二進も三進もいかなかったと思う。


良かったことは

1) 街中のそこら中にあるお茶屋の女性は親切で、ぼったり、変なことを聞いてきたりしない。

2) 基本的に親切で困っていると助けてくれる。特に日本人と判ってからは親切。

3) 治安が良くて、街歩きに不安を感じない。

4) 北部の地方都市では旅行者を見かけるとお茶や果物をおごってくれた。
売り物のすいかとか1つ丸まるただでくれたりして、にこにこした人の良いおじさんが多かった。

5)アラブ式のお茶(シャーイ)とコーヒーが美味しい。


きつかったことは
1) 交通機関、特に電車の状況が酷い。

電車が時間通りに動かず12時間とか1日とかそういう単位で遅れる。
電車が砂漠を走るけどエアコンがついてないから砂まみれで窓を開けているし、夜は窓が完全に締め切らないからものすごく寒くて日本の真冬並みの服装が無いと寝付けない。
バスも人が集まるまで待つので、予定通り出発しない。

2) カルツームでは結構ぼってくる人が居る。
ぼらないって噂に聞いていたけど、アブドに確認してみると結構こまめに皆ぼろうとしていた。指摘したら「買わなくていいよってタイプ」と、「あれ?気が付いた?って正規の値段で売るタイプ」に分かれた。

カルツームのレストランで頼んでいないものを出して金を過剰に要求された。突っぱねたら喧嘩を売られた。

3) 中国人と勘違いされると凄い扱いが悪い。

カルツームでは町を歩いているだけで「ヘイ!!!チャイナ!!」って馬鹿するようなしぐさと共に呼ばれた。酷い時は手でちょっかいを出されたり、作業の邪魔をされる。

カルツームで宿を探していた時、安宿で中国人と勘違いされて「フルだから帰れ」と喧嘩口調で言われた。

特に日本人などの東洋人の旅行者がほとんど居ないうえに、カルツーム周辺は中国人が進出してきてトラブルが起こっているらしく、東洋人に対しては「嫌な奴らの中国人」として扱われることがものすごく悲しかった。

4) 英語が通じにくい。
英語がほとんど通じず、また話を聞かないで一方的に話してきて、こちらが確認を取ると「お前、英語使えるのか?」って馬鹿にしてくる。

料金交渉が既に終わっているとこちらが判断していたことを、聞いていないといわれて揉めた。
カルツームのレストランでメニューの内容を聞いてから注文したのに、英語がわからないのに「イエス!!イエス!!!」とだけ言ってきて、散々確認したものと質が劣ると感じるものが出てきた。しかも、結構高いレストランで。

ローカルな電話店に入って話しかけると「ノー!!」とだけ言われて追い出された。

とにかく、英語がわからないから全て「イエス」と「ノー」だけで振り切ろうとして、更にこちらの話を聞かない人が多いためトラブル連発だった。(TДT)


ほかの人の話を聴くと、たまたまなのかもしれないけど嫌な目にあう確立が高かったみたい…
アブドとお茶屋や、地方都市で出会ったおばちゃんやおじさんが居なかったらスーダン大嫌いになっていただろうなぁ


基本的にスーダン人は日本人大好きなんだけど中国人に会う確立が高い為、まさか自分の目の前に居る東洋人が日本人だとは考えないで馬鹿にするってパターンが辛い。

交通の便は内戦が終結してから急速に良くなっているそうなので、最初の電車は数年もすれば改善されてゆくと思う。

カルツームの街中も近代的なビルが建ってたし、まだまだこれからって印象があった。
地方は凄く人が良いらしい!!
特に北部はエジプトの影響か英語が通じる人もいるらしいし…
今度、観光する機会があったら北部を中心にしようっと。
スポンサーサイト

スーダンをふらふらと

今回の更新!
(1)12月09日としてヨルダン・ダナ自然公園の日記をアップ。
(2)スーダン入国報告。

とうとう、ブラックアフリカの国スーダンへ入国しました!!ヽ(´ω`*)ノ
いやぁぁぁぁ、どこを向いても黒い人ばかり。
でも、なんとかやれてます♪

しかし、スーダンは基本的に親切な人が多いと聞いてきたけど、やっぱりエジプトの悪いところはちょっと引き継いじゃっている感じですな。
少しずつぼってくるのですよ。(汗
しかも、1スーダン£が50円前後と高めの為、少しと思ったら一気に50円プラスになっていたり…
油断なりませぬ!!

それと首都カルツームは…ちと、いまいちですな。(汗
観光名所が何にもないし、近くに中国人が住んでいてトラブルを起こしているらしくちょっと嫌な言い方をしょっちゅうされちょります。
日本人がほとんどいない上に、中国人がおこすとらぶる…
わーん(ノДT)
チャイナちやうわー!!

そんなわけで、カルツームはさくりと逃亡する予定です。
現在、ケニアのビザを取ったり、スーダンの旅行許可証を取ったりしているのでカルツームに居るけど、明後日(1月21日)にはエチオピアへ移動します!!
難点はエチオピアはスーダンと違って…暴力的な犯罪が横行していること(汗

田舎はOKなんだけど、首都アジスアベベと観光名所ラリベラって都市が危ないそうです。
まぁ、無理はしない程度でいってきますー♪ヽ(>w<)ノ

スーダン最北端の街、ワディ・ハルファ

1月13日 ワディ・ハルファ

エジプトのアスワン・ハイダムの港から出発した船は、約20時間かけてスーダンの港町ワディ・ハルファへ到着した。


船内では既に入国の審査は済ませており、降りたとたん自由に動ける状況だったが…

この、入国審査がめちゃくちゃ遅い!!
審査員が3人居たのだが、何故か分業する必要が無いくらい単純なことを3人で分業していて、更に何度も違う伝票へ名前とか国籍を手書きで書き写してゆく。

ほとんどの国がそうであるようにスーダンものんびりした国民性で、審査に3時間以上かけていてもあわてないでのんびりやってた。

もっと、早いところで並べばよかった…


降りてからは一旦200エジプト£だけを両替し、ワディ・ハルファの街中でレートを確認しながら100$を両替しようと決めてバスで移動した。
他の旅行者の話を確認しながらレートを聞いてゆくと、ほとんど人によってレートが変わらないし、街中よりも若干良いレートらしい。

1$が2.15スーダン£だった。
電車(81スーダン£)で移動することと、旅行許可証(51スーダン£)の事を考えて100$予定通り両替した。


ホテルはルーム・シェアできる人が見つからなかった為、バスで知り合った人達と別れてドミトリーで一晩7£の所へ泊まることにした。
しかし、流石に安すぎるくらいのところ…汚いし、シャワーはナイル川の水をためたバケツだし、トイレは肥溜め式のものすごいしろものだった…

あらかじめインドを経験しておいて良かった(ノДT)


電車のチケットを取りに行く際に、カイロのスーダン大使館と船中で出会ったホーンという韓国人の人と一緒になった。
まぁ、そこそこ話してみて意地っ張りだけど、悪い人じゃない様子だったから途中まで一緒にいくことにした。
※結局、仲良くなってケニアまで一緒に移動した♪


チケットは無事にカルツームまで購入でき、次は旅行許可証が必要。
ホーンは旅行許可証をすでに取っていたらしく、取りに行くのを手伝ってくれた。

…ホーンは正規の代金が51£の所、61£要求されていたらしく窓口で10£をもぎとりかえしてた…
話を聞くと他にも結構な数の旅行者が料金回収係員の過剰請求の餌食にあっている様子だった。

スーダンは親切な人が多く、ぼらない国と聞いていただけにガッカリだった。


週1回しかない電車の出発は4時半…だけど、まず時間通りに出ないらしい。
案の定、我々が乗ったときも5時半出発になっていた。
さて…これから車中で2泊の旅…二等列車なのにものすごく狭いし、汚いし、トイレは流れない&ドアが閉まらない、椅子は木の椅子だし…既にげんなりしまくり…

~34時間後~

砂まみれで首都カルツーム駅に到着。
朝3時なので夜明けまでは駅構内の待合所で時間をつぶすことにした。

大変な電車だったけど、一緒のブースの人に乾燥ナツメとかピーナッツ、途中の停車駅のマーケットでスイカとか貰って、人は凄く良かった♪

スーダン1
お茶屋のおばさん達はとても親切だった♪
スーダンはイスラム教なので女性の写真が撮り難く、また男性も写されるのを嫌うのでこっそり撮った。

スーダン2
ワディ・ハルファの強烈なホテル。
安いけど、キツイ(´Д`;;
TreeRecent_PD
 
TreeArchive_PD
 
TreeComment_PD
 
FC2カウンター
TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。